子どものほとんどが自らの症状を正確に伝えることが困難です。
だから大人が代わりに伝えなくてはいけません。
私はまず「どのような理由で今日は受診されたのですか?」と尋ねます。
そうすることで聞きたかったことが聞けなかったなどの問題が無くなるのです。
医療は説得するものではなく、患者様が納得することこそ本物の医療だと私は考えます。

「日本一元気の出る小児科医になりたい」これが私が日々掲げている宣言です。
私はこの宣言を本当のものにするため、お父さんお母さんが納得し安心して帰れるよう、説明の仕方やアドバイスなど工夫するよう心掛けています。
1967
熊本市出水生まれ
1986
熊本県立熊本高校卒業
1993
熊本大学医学部卒業
熊本大学医学部小児科入局
2000
熊本大学大学院医学研究科終了
2001
米国、ラホヤ免疫アレルギー研究所研究員
2005
天草地域医療センター小児科科長
2007
田畑こどもレディースクリニック開設
【所属】
・日本小児科学会
・日本アレルギー学会