小児科 子供の笑顔を守るのは大人の役目です
診療内容
一般小児科
アレルギー科
小児科には、いろいろな病気の子どもたちが来院します。自分で症状を正確に表現できない場合が多いので、保護者の方々もどの科を受診すればよいのか迷います。その道案内をするのが私ども小児科医です。
どんなことでも構いません。まずはご相談下さい。
一般小児科 よくある症状としては、熱や鼻水、咳、ゼイゼイと苦しそう、下痢や嘔吐、アトピー、ぜんそく、なんとなく元気がない、顔色が悪い、急にブツブツが出たといった症状のほか、ウンチが出ない日が続いていたりお肌がカサカサしてきた、といった様々な症状があります。

子どもは自ら症状を正確に伝えることが困難です。
少しでも変だなと思ったら来院してください。親切かつ丁寧に診察を行います。 アレルギー科 現在、食物アレルギーの有効な治療は確立しておらず、抗アレルギー剤の服用や、除去食を行う過程で自然慣れるまで待つことが一般的です。しかし実際は、自己判断や、検査値のみにとらわれた不必要な食物除去をされているケースが多くみうけられ、成長発達への影響が心配になっております。
そこで、除去食を必要最小限にし、適切な時期に除去解除を行うことでのびのびと子どもが発育できる環境を整えることが可能です。

当院では、ラホヤ免疫アレルギー研究所研究員であった院長がアレルギー診療(気管支喘息・アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・じんま疹等)を行っているため安心して来院いただけます。