乳幼児健康診査 子どもたちが心身共に健やかに育っていくことは、ご両親はもとより私たち社会全体の願いです
乳幼児健康診査とは
子どもの発達・発育はとても著しいものです。
その中で両親が日常の生活の中では気がつかないこともあると思います。

そこで私たち小児科医が病気が隠れていないかを調べ、月齢に応じて発育や発達の具合を確認する ことを「乳幼児健康診査」と言います。
また、健康診断はもちろんの事、初めてのお子さんの場合、どのように育児をしたらいいのかが分からない方も 多いです。そういう方に対しての「育児相談」も同時に行っています。
乳児健診目的 当クリニックでは3か月健診と7か月健診を行っています
3か月健診
身長、体重、頭囲、胸囲などの測定や首すわり・目の動きなどの発達・発育検査もします。
また、同時に斜頚・骨や関節の異常(股関節脱臼など)・先天的な心臓の病気などの有無を確認します。

【3か月健診検査項目】
• 首のすわり具合
• あやすと笑うか
• 声をかけると振り向くか
• うんちの回数や形状
• 皮膚がジクジクしたり極端にカサカサしていないか など
7か月健診
月齢が進むにしたがって観察の範囲が広くなります。
この月齢では主に、運動面、知能面での神経や筋肉の発達について確認するため、寝返り・おすわりのほかにおもちゃや周囲の働きかけへの反応などを診て、視力・聴力・心の発達などを観察します。

【7か月健診検査項目】
• 寝返りやおすわりの状態
• 離乳食の回数
• 皮膚の状態


※平日午前中も診療の合間に行っています。
詳しくはお問い合わせください。
乳児健診を受けるにあたって
必要なもの
予約方法
お電話にてご予約承ります