人生は、リーグ戦。

熊本市東区健軍本町で小児科、アレルギー科、婦人科を開業してます、田畑こどもレディースクリニック院長の田畑です。

 

矢沢永吉、大好きです。学生のころはコンサートにも行って、タオルも投げていました。

 

矢沢永吉著、『成りあがり』という本があります。一般的には、この本はヤンキーのバイブルと思われてますが、立派な人生本です。そのあとがきで糸井重里氏は次のようにまとめてます。

人間の一生は、トーナメント戦じゃない。勝ったり負けたりをくりかえすリーグ戦だ。敗れっぱなしなんてない。親父も負けた。おまえも序盤戦で負けた。いいよ、中盤戦から盛り返せよ。逆転しろよ!矢沢は、そんな内容の歌を、この本の中で歌い続けてくれたと思う。

 

 

プロ野球のリーグ優勝チームでさえ勝率は7割台です。10回試合して2、3回は負けることになります。勝ち続けることのほうが難しいのです。

生きているとうまく行かないことがたくさんあります。失敗、不合格、失恋などなど。思い通りになることのほうが少ないかもしれません。うまく行かなかった時、不貞腐れず、怒らず、如何に立て直すか、立ち上がるか。今日は負けても、明日は勝つように頑張る、明日勝てばいい。

私はうまく行かなかった時、今日はダメだったけど明日は頑張ろう、と気持ちを切り替えて頑張るようにしてます。人生は、リーグ戦だから。

今日も元気で、笑顔で頑張るバイ‼︎